ペニスを長くする増大トレーニング方法とは

ペニスの大きさを比較するポイントとして、太さと長さが挙げられます。
どちらをより重要と見るかは人によって異なりますが、やはり特に「長さ」が気になっている方は多いでしょう。
ペニスを「長くする」ことに特化した増大トレーニングとして、クランピングという方法があります。クランピングとはペニスの根本を抑えて一旦血流をとめ、その後開放して海綿体や亀頭まで一気に血液を流すといったトレーニング方法です。
専用器具なども市販されていますが手を使って行うこともできるため、手軽にできるトレーニングとして多くの人に支持されています。
ただしこの方法は加減を間違えてしまうと逆効果になることもあるため、注意が必要でしょう。
クランピングを行う際には、血流をとめる時間を長くしすぎたり力を入れすぎないよう気をつけることが大切です。
その他にペニスを長くするトレーニング方法として、牽引マッサージが挙げられます。
この方法はマッサージによって陰茎の靭帯をゆるめ、サイズアップを目指すというものです。
前方や左右に牽引し、ほぐすようなイメージでマッサージを行います。
強く牽引しすぎてしまうと靭帯を傷めてしまうかもしれませんので、無理せずソフトな力加減で行いましょう。

ペニスを長くする増大術はクリニックで

最近はペニス増大サプリという商品がネット上で出回っていますが、確実に長くするなら長茎術がおすすめですね。
手術でデザインができるので、自分好みの形状に変えることもできますよ。
日本人のペニスサイズは13cmが平均値だそうで、この範囲に収まっているなら問題ないです。
ただ長いだけ長くても周囲長が短いと見栄えが悪くなりますし、女性を満足させることは難しいですね。
長さと周囲長のバランスが大切なので、長くすることと増大術は並行して行われることが多いようです。

クリニックの手術は麻酔を使用するので痛みはほとんど感じません。
麻酔の質によって痛みが変わってくるので、少しの痛みも避けたいという方は無痛麻酔を導入しているクリニックを利用してみてください。
眠っている間に手術を完了できるクリニックもあるようで、気がついたら手術が終わっていたと聞きます。

ペニスの長茎術や増大術を受けた男性は、性行為が楽しみになったと話していますね。
自分のペニスは頻繁に目にするものですから、短かったり細かったりすると見るたびにコンプレックスを感じてしまうでしょう。
ペニスの悩みが解消するだけで、男性の悩みの半分は解消すると言われていますからね。
パートナーを喜ばせることもできるので、手術するデメリットはないでしょう。